慰謝料の相場と注意点

お金一般的に不倫問題で発生する慰謝料の相場は100万円から300万円の範囲内で不倫の内容や期間、子供の有無などによって金額が変わってきます。ただし、配偶者と不倫相手に慰謝料を請求する場合、慰謝料の総額が200万円とした場合、それぞれの200万円ずつ請求することはできません。両方に総額200万円を請求することになります。

また慰謝料請求には時効があります。というのも不貞行為に関する慰謝料の請求は不倫を知った時点から3年とされていることから3年以上が経過していると時効が成立している可能性があるので慰謝料請求をすることができません。

離婚後に配偶者の不倫が発覚した場合は、時効が成立していなければ慰謝料の請求をすることができますが、離婚の原因が配偶者の不倫であるかどうかが焦点となります。不倫よりも他の原因がある場合は慰謝料請求ができても金額が低くなるケースもありますし、さらに離婚時に配偶者と慰謝料の請求はしないなど金銭面で取り決めを行っている場合は不倫が発覚しても慰謝料の請求をすることはできません。ただし、合意をした前提事実が異なる場合は請求できる場合もあります。取り決めを行っている場合配偶者に慰謝料の請求をすることができなくても、不倫相手と取り決めを行っていなければそちらに請求をすることができるので、弁護士に慰謝料相談してみましょう。