慰謝料請求できる条件

肉体関係配偶者の不貞行為に関する慰謝料の請求は、できる場合とできない場合があります。まず不倫に関する慰謝料を請求できる条件として挙げられるのは、浮気・不倫相手に故意・過失があること、不貞行為によって権利の侵害を受けていることの2つです。まずはこの条件を満たす必要があり、さらに細かいところでは、既婚者であることを知りながら肉体関係を持った、既婚者と不倫をしていると気づく状況でありながら把握せずに肉体関係を持ったという場合は故意・過失が認められます。また不貞行為によって発覚するまでは円満だった夫婦関係が悪化した、不貞行為で肉体関係はなかったが夫婦関係が破綻するほどの親密な交際をしていた場合は権利の侵害が認められます。

逆に、お互いの素性を全く知ることなく肉体関係を持っていた、既婚者だと気づく状況ではなかった、強姦や脅迫など不倫相手の自由な意志で肉体関係を持っていなかった場合は故意・過失は認められませんし、不倫とは関係なく夫婦仲が破綻しており、別居している、婚姻関係が破綻していたと判断されると権利の侵害も認められません。

このように配偶者の不貞行為によって請求することができる慰謝料も、状況によっては請求することができない場合もあり、判断が難しいという場合は専門的な知識を持つ弁護士に相談するのがおすすめです。